ダイヤモンド・ゴールド(金)・プラチナのお手入れ方法

ダイヤモンドのお手入れ方法

0.7カラットダイヤは油になじめいやすい性質(親油性)を持っているため、キッチンの油、化粧品などでもくもることがあります。この場合は、ぬるま湯の中に液体中性洗剤を2~3滴入れ、歯ブラシなどで軽く払うと輝きをとりもどせます。
洗うときは必ず、洗面器などの容器の中で洗ってください。蛇口で直接洗ったりすると、留め金具や爪が緩んでいるとダイヤモンドが落ちて流れてしまう危険があります。
また、高熱に触れると表面がくもってしまう場合がありますが、ほんの少し再研磨すると美しさをとりもどすことができますので、ジュエリー修理専門店などに相談することをお勧めします。

ダイヤモンドの取り扱いについて

◆ダイヤモンドジュェリーを他の宝石や貴金属と同じケースに入れて保管しない
ダイヤモンドは鉱物の中でもっとも硬い天然宝石なので、他のジュエリーと同じケースに保管するとぶつかったり擦れたりした際、他の宝石・貴金属を傷をつけてしまうことがあります。ダイヤジュエリーを保管する際は、必ず単体ケースに保管するようにして下さい。

◆ぶつけたり落したりしないよう注意する
ダイヤがとても硬いといっても、激しい衝撃に耐える強さ「靭性」はそれほど高くはありません。また「へき開性」という”ある特定の決まった方向から衝撃を与えると非常に割れやすい”という一面もあるので、落としたりぶつけたりしないようご注意下さい。

さらに詳しく知りたい方は、ダイヤモンドの性質(1)>>をご覧ください。


K18PGダイヤピアス

ゴールド(金)のお手入れ方法

ゴールドジュエリーをはずしたら、乾いた柔らかい布でホコリなどを優しく拭きます。汗がついたときはぬるま湯で軽くすすぎ、水気をとります。また、入浴(特に温 泉)のときは必ずはずしましょう。金はとても柔らかいので、純度が高いほどキズつきやすくなります。リングなどの形がゆがんでしまったら、専門店で直して もらえます。


プラチナジュエリー

プラチナのお手入れ方法

ブライダルリングとしても名高いプラチナは、変色や変質といった劣化がほとんどない優秀な金属です。酸やアルカリ、汗などにも強いので特別な手入れをする必要はありません。時々、柔らかい布で軽くふいておくだけで輝きを保ち続けます。

ただし、硬度(硬さ)はあまりないので、ぶつけたりするとキズがついたり歪んでしまうことがあります。その場合でも、専門店にみがき直しを頼むと美しさをとりもどすことが可能です。

■純度の高い金・プラチナほど劣化はしにくいが、キズがつきやすくなる。

金やプラチナは純度が高いものほど劣化がしにくく美しい輝きを保ち続けますが、逆に硬度(硬さ)は低くなりますので傷がつきやすくリングなども変形しやすくなります。
K18のゴールドやpt850以上のプラチナなど、純度の高いジュエリーは保管や取り扱いの際には注意が必要です。


▼ジュエリー素材の豆知識一覧