カット(研磨・プロポーション)-ダイヤモンド4C

ダイヤモンド全体のバランスと研磨の仕上げ
Cut/カット

ダイヤモンドの品質基準4C項目のうち、「カラット」「カラー」「クラリティ」この3つの要素はすべて天然鉱物(天然石)として産出する偶然性からなるものですが、ダイヤモンドの美しい輝きを生み出すカット(研磨)だけは人間の手によるものです。
大きさや色、透明度の質が同じダイヤであっても、カッティング次第で輝きが全く違うものになるほど重要な要素でもあります。

カットの評価は、理想のプロポーション(角度や比率)、最終的研磨(ポリッシュ)の美しさ、技術力の点などから幻滅法により評価され、5段階のグレードであらわされます。

カットグレード表

輝きを最大限に引き出すラウンド・ブリリアント・カット

ダイヤモンドのカットは、最も光りの美しさを引き出すとされるラウンド・ブリリアント・カット(58面体)が基本的です。その他にも、プリンセスカット、ペアーシェイプ、エメラルドカットなどのカットがありますが、これらは「ファンシーシェイプカット」と呼ばれ評価対象外となります。

カットプロポーション

理想のプロポーション

ダイヤモンドの輝きをひきだすのに最も重要なのがプロポーションです。
(右図参照)ガードルの直径を100%とし、パビリオンの深さやクラウンの角度などすべて計算がされた理想的な形であること。この理論値に近いカットほど評価が高くなります。

極上の輝きを放つ Excellent H&C (エクセレント ハート&キューピット)

カットグレードで最高ランクはExcellent(エクセレント)ですが、その中でも、ダイヤモンドを特殊なスコープでのぞくと上から見たときにキューピットの矢と、下からはハートの模様を確認できるものがあります。

ハート・アンド・キューピッド

H&C(ハートアンドキューピット)
特定の条件下で撮影れた画像

この現象を「ハート&キューピット」と呼び、ダイヤモンドが最も美しく輝くとされる理想的なカットに近く、“一際美しい輝きを放つダイヤの証”とも言われています。

カット別で見る輝きの違い

上記画像の左側がエクセレントハート&キューピットカットのダイヤモンドです。VeryGoodカットと比べると、より上品なキラメキを放つ輝きがあり、Fairカットと比べるとその輝きの美しさは歴然です。
エクセレントハート&キューピットカットのダイヤモンドネックレスを見る

とはいえ、エクセレントランクのダイヤは高額ジュエリーの部類に入ります。
VeryGoodはもちろん、GoodやFairカットでも十分ダイヤの美しさを楽しめますので、エクセレントランクはある程度予算に余裕があり、“最高峰の輝きにこだわりたい!”とお考えの方にお勧めします。


▼ジュエリー素材の豆知識一覧