カラー(色)-ダイヤモンド4C

ダイヤモンドの色
Color /カラー

一般的なダイヤモンドは一見、無色透明に見えますが、原石がマントル内で形成されるとき不純物として窒素(N)を含みやすく、そのためうっすらと黄色味を帯びるのがほとんどです。この黄色味が少ない、完全な無色透明に近いダイヤほど光をスムーズに透過させ、美しい虹色の輝きを放つのでカラー評価において希少価値が高まります。※ファンシーカラーを除く

色の評価は、カラーの規準となる厳選されたダイヤモンド(マスターストーン)と、対象のダイヤモンドを見比べDからZの段階で示されます。

カラーランク表

見た目の透明(カラーレス)にこだわるのであれば、G以上のグレードが理想的ですが、このカラーグレードの違いは、専門家が理想的な環境下でダイヤモンドルース(裸石)を見ないと判別ができないほど微細なものでもあります。

市場ではM以上のグレードが一般的で、当店ではHカラーのほぼ無色透明のダイヤモンドを多く取り扱っております。


4Cとは別評価される希少なファンシーカラー

様々な色を楽しめるカラーダイヤ。

天然色(ナチュラルカラー)のファンシーカラーダイヤモンドについて。

天然に色がついたブルーやピンク、グリーン、イエロー、ブラウンなどのナチュラルカラーダイヤモンドがありますが、これらは「ファンシーカラーダイヤモンド」として通常の品質基準「4C」とは別評価されます。評価基準としては、より色が深く鮮やかで純色に近いものほど、グレードが増し希少価値が高くなります。

ファンシーカラーダイヤの中でもブルー、グリーン、ピンクなどは産出量が極めて少ないため、無色のダイヤモンドより高値で取引されるものもあります。天然色のブルーダイヤにいたっては、一般市場に流通することがほとんどないほど希少です。

天然ピンクダイヤモンド一粒ピアス

ファンシーカラー
ピンクダイヤモンドピアス

比較的手に入りやすいピンク、ブラウン等のファンシーカラーダイヤ。

ピンクカラーは若い女性を中心に大変人気があり、色が濃いものほど希少性があり高値になりますが、淡いピンク色なら一般の人でも手に入れられる価格になります。

イエローやブラウン系は、ピンクダイヤなどに比べると価値は下がりますが、クラシックな雰囲気を漂わせ大人の魅力を演出することで愛用する女性も増えています。イエローでもカナリアンイエローは大変希少です。

宝飾品として見直されつつあるブラックダイヤモンド。

ブラックダイヤモンドネックレス

ブラックカラーの
ダイヤモンド

近年、脚光を浴びているのがブラックカラーのダイヤモンド。ダイヤならではの艶のあるブラック色は、クールな高級感を漂わせメンズアクセサリーとしても需要が高まっています。

ダイヤモンドは元来、透明度の高いものほど希少価値があるとされているので、透明色からほど遠いブラックカラーのダイヤはほとんどが工業用にまわされていました。しかし、近代になってブラック色が宝飾品として需要が高まると共にその価値も見直されつつあります。

人工的に着色加工が施されたトリートメントダイヤモンドについて。

天然色のブルーダイヤは産出が極めて少なくとても希少なため、市場ではめったに見られることはありません。購入できるとしても一般的な透明色の天然ダイヤに、人工的に着色(加熱処理や放射線処理)が施されたトリートメントダイヤモンドになります。
トリートメントダイヤは、天然色でないため希少価値はありませんが、安価でカラーダイヤを楽しめるのでとくにブルーやピンク、ブラックなどのカラーに人気があります。

当店では人工着色されたカラーダイヤの商品には、ファンシーカラー(天然色)と区別するため必ず「トリートメント」の表記をしています。


▼ジュエリー素材の豆知識一覧