ダイヤモンドの品質基準「4C」

ダイヤモンドのクオリティを表す4項目
品質の評価基準となる4つの要素4C

ダイヤモンドは『4C』と呼ばれる国際的な評価(鑑定)基準にて宝石としての品質ランク「クオリティ」が決まります。“4C”とは、以下の4つの評価項目を表します。

4つの評価基準項目の頭文字が、
いずれもアルファベットの『C』であることから“4C”と呼ばれています。

ダイヤモンドの品質評価は、まず見た目にも分かりやすいダイヤの重さである「カラット」、無色透明により近い色を評価する「カラー」、ダイヤ内部の内包物などをみて透明度を判断する「クラリティ」、そして、ダイヤモンド原石に美しい輝きをもたらす重要な「カット」があります。

これら4つの要素から、専門の鑑定士が総合的に評価するわけですが、4Cのグレードランク全体が高いものほど宝石としての美しさはもちろん、希少性も増し、おのずと価値と価格も上がります。

鑑定書について

鑑定書

鑑定書 ※商品によって異なります

ダイヤモンドの品質基準「4C(カラット、カラー、クラリティー、カット)」を評価し、その内容を書面に明記したのが鑑定書(グレーディング・リポート)です。鑑定書はそのダイヤモンドの品質証明書にもなる、いわば、ダイヤの履歴書とも言えます。

鑑定書に記された4C内容を見ることで品質グレードが分かるので、ダイヤモンドのクオリティを重視しながら選びたい方には重要なポイントになります。

※なお、当店では鑑定書付き無しにかかわらず、卸業者より4C内容が提供されている商品は、ダイヤの品質目安として各ページにランクを記載してありますのでご購入の際の参考にお役立て下さい。

 


▼ジュエリー素材の豆知識一覧